正しい原状回復の知識をつけよう|敷金にも影響してくる工事

男性女性

賃貸住宅のルール

男女

ガイドラインに沿うこと

賃貸住宅の借主が退去する場合には、その部屋を原状回復する義務があります。原状回復とは借りたときの状態にして返すことだと言われる事がありますが、そうではありません。借りている間に自然発生的に起こる劣化や通常の使用によって汚れたり古くなった箇所の回復は含まれません。しかし、普通に住んでいて起こる以上の汚れなどに関しては借主の責任になりますから、預けてある敷金の中から原状回復に必要な工事料金が引かれる事になります。どこまでが自己負担かというのは国土交通省のガイドラインがあるので、これをよく理解して必要な部分は支払い、不要な回復費用は払わないことです。退去時には立ち合いが行われますから、その時に内容をよく確認するのがお勧めです。

綺麗に使って綺麗に退去

賃貸住宅を借りる時には礼金や敷金を支払う事が多いですが、最近では礼金も敷金も少なかったりゼロというアパートもあります。借りた部屋を綺麗に使用していて現状回復のための工事が少なければ、敷金はその性質上戻ってくるものです。部屋はなるべく汚さないような工夫をしたり、退去する時にもしっかり清掃を行えば、敷金の返却分も多くなりますしマナーの観点からもお勧めです。原状回復費用の内容についておかしいと思う事や、わからない事がある場合には仲介の管理会社に尋ねると良いでしょう。初期費用が掛からないアパートに住んでいる場合には、出る時に予期せぬ支払いが発生する事にもなるので、入居時の契約を把握しておくのがお勧めです。

退去時に必要

家の模型と工具

賃貸住宅に入居した場合には、入居者は退去する際には現状復帰させ、元に状態に戻して返却する必要がある。賃貸の管理業者では、退去後に業者を活用してリフォーム工事を行うが、その際には低コストですばやく行ってもらえることが重視される。

業者を利用するメリット

作業員

原状復帰工事を行なってくれる業者の多くは、退去時の室内清掃なども併せて対応しているため便利です。見積もりを参考にして予算を立てられるので、現地調査をしてもらうと良いでしょう。

回復工事に於く現状と原状

メンズ

原状回復は、賃貸物件のもともとの状態と違う状態が借りている人によって起きている場合に行う工事です。原状回復と現状回復は間違われることもありますが、正しいのは原状回復です。もとの状態に戻すことであるため、現在の状態を指す現状ではなく、もとの状態を意味する原状が正しいです。