正しい原状回復の知識をつけよう|敷金にも影響してくる工事

男の人

退去時に必要

家の模型と工具

賃貸住宅に入居した人においては、退去時に現状復帰させ元の状態に戻して貸し手に返却しなければならないことになっている。これらの現状復帰については、入居者が故意に部屋の状態を変更させた場合や、過失により部屋を壊してしまった場合などには現状復帰させなければならないとされている。但し、日常生活における自然消耗については入居者による現状復帰の義務はないとされており、貸手による費用負担にてリフォームなどを行う必要性が出てくる。この際、自然消耗がどの程度までに当たるかについて、入居者と貸し手の間でトラブルになるケースも多くなっている。これらについては、ガイドラインなども策定されているため、それらを活用することが効果的である。

現状復帰を行う場合、通常は入居者が退去した後に、賃貸物件の管理業者やオーナーなどによるリフォーム工事が行われる。これらの工事を行う際には、ポイントとなることがある。まずは、素早く工事をしてもらえるかということがある。賃貸物件では、退去後次の入居者が入るまでその物件から賃料を得ることができず、収入が減ることになる。その為、素早くリフォームを行い次の入居者を入れることが重視されるということがある。また、低コストでのリフォームも重要になる。賃貸住宅では、入退去が繰り返されることもあり、コスト負担が大きくなるケースもある。その為、低コストで工事してもらえる業者が選ばれやすい。これらを利用することで、効率よく維持管理できる。