正しい原状回復の知識をつけよう|敷金にも影響してくる工事

男の人

回復工事に於く現状と原状

メンズ

正しくは原状を用いる

原状回復は賃貸物件に於く借りている側の義務の一つですが、現状回復というように誤った漢字表記になっている不動産もあるようです。原状回復では貸した直後の状態とは違う状態が生じている場合に、修繕や解体などを施してもともとの状態に戻す工事を行います。漢字としては、現状は現在の状態で原状は初めの状態を意味しているため、工事の内容からすると原状回復が正しく現状回復が誤りであることが分かります。不動産屋の書類に現状回復と書いてあったら不動産屋にやんわり指摘しても良いですが、原状回復のことであると認識すれば問題ないと思います。原状と現状は同じ読みですが、意味は異なります。正式には原状回復であり、現状回復は間違っているので注意しましょう。

元の状態にする義務がある

原状回復は次に貸すことができる状態にするために行われますが、基本的には借りている側が住んでいる段階で発生した建物の価値を下げるようなことに適応されます。具体的には、故意的・過失・善管注意義務の違反・通常を超えた損耗などです。賃貸物件では築年数の増加に関係した劣化などは大家さん側が負担して修繕を行ってくれることもありますが、故意的な損傷などの場合は借りている側以外の人は負担してくれないので、借りている側の自腹になります。借りている間に損傷などの建物の価値を上げるような状態を修繕しなかった場合には、退去時に原状回復の費用が必要になる可能性があります。賃貸物件は大家さんの所有物なので、劣化の場合は仕方ありませんが、故意的などの問題ある理由で損傷しないように気を付けると良いです。